あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

報告会へのご参加ありがとうございました♪

f0101679_230273.jpg
 陸前高田市訪問報告会へのご参加ありがとうございました。昼の部には大人9名の参加。夜の部には大人2名のほか、子ども達も一緒に話を聞いてくれました。

 からすちゃんは続けて訪問する中で感じた変化を、私は初めて訪れた感想を中心にお話をさせていただきました。どちらの回でも皆さん熱心に質問をしてくださり、ご自分の思いも語ってくださったりして、「こっこさこ」らしい被災地を想うみんなのあつまりになったと思います。

f0101679_23172653.gif

 旅の概要は、東北旅行に書いた通りです。7月15日夕方に遠野でからすちゃんと落ち合い、翌16日の午後に陸前高田市を訪れました。からすちゃんの運転で、内陸部の遠野から川沿いに陸前高田の海岸地区を目指しました。岩手県は広く、陸前高田市も広くて、海からずいぶん遠い所から陸前高田市に入ります。緑豊かな山々と清らかな川、下るにしたがって広がっていく水田。のどかで美しい景色の中に、ポツリポツリと仮設住宅地の看板やプレハブの建物が見え始めました。

 からすちゃんが毎回訪れているのは、自主運営で子育て支援を行ってるきらりんキッズと、地域子育て支援センターあゆっこと、震災後にできた横田地区のたけのko学童クラブです。今回もその3か所にお邪魔する予定にしていましたが、来所予定を伝えればきっと受け入れに心を砕かれるだろうから、アポなしで行ってみようという事にしました。色々ハプニングもありました。「きらりんキッズ」と「あゆっこ」はその日午前中だけの活動で、実際の支援場所を見ることはできませんでした。でも、仮設商店街の一角にある「きらりんキッズ」は、2階の事務所に先生方がいらっして、思いがけない訪問を驚きと喜びとで迎えてくださいました。「たけのko学童クラブ」は、子ども達がいる状態で施設内の紹介をしていただきました。古い農協の建物を利用した学童でした。

 
 順番は前後しますが、「きらりんキッズ」の後、被害の一番大きかった海沿いの地区に向かいました。新しくできた大きな道を通って海に近いところまで行ってみました。防波堤が崩れ、大きな土嚢がいくつもいくつも並べてある一番先っぽの方まで歩いていきました。「怖いね」と言いながらも写真を撮っていたからすちゃんでしたが、実は言葉以上に怖い思いをしていたようで、ちょうどその日の朝にも遠野で地震に遭ったのですが、盛岡でも何度か揺れていたのと合わせて思い出し、今ここで大きな地震が来たらどうしようと、そういうことがぱあっと頭に浮かんだんだそうです。

 何度も写真で見せてもらった海沿いの一帯。がれきの処理はほぼ終わり、今はとても大きな規模で土盛りがされて、重機が何台も何台も作業をしていました。地面を数メートルも上げる計画なんだそうです。山手の方を見ると斜面を切り崩し、土盛りのための土砂を取っているようでした。そんな中に、高田松原の道の駅だった建物がぽつんと立ってました。外観はきれいに残っていましたが、内部はすっかりえぐられて、鉄骨や配管がむき出しでぐにゃりと曲がって垂れ下がっていました。床面にはがれきが散乱し、どうやって入り込んだのか背の高い松の木が斜めに突き刺さるようにしてます。そのすぐ近くに小さな慰霊碑。千羽鶴とお花がたくさん捧げてありました。そして、その前の大きな道路。復興作業と書いた幕をフロントに付けたトラックが、ひっきりなしに行きかってました。高台にはプレハブの棟を繋いだ仮設の市役所があり、たくさんの人が出入りしていました。その隣接地が本格的な市役所を含むコミュニティ施設になる予定で、こちらの工事も大掛かりに進んでいました。

 確かに復興は進んでいるように見えました。でも地面を広い地域にわたり数メートルもかさ上げする計画の工事は長い月日を要するんじゃないかと、そしてそれが完成すれば(完成しない今でもですが)、故郷の景色が一変してしまうのではないかと思えました。公の復興は進んでも、被災されたそれぞれの方達の暮らしはどうなるんだろうとも思いました。なくしたものの多寡では測れない悩みや苦しみを感じました。

  今回の訪問を終え、これからも、「こっこさこ」が陸前高田市のお友達に必要な支援が届けられるよう考えていきたいと思っています。みなさんのご協力もよろしくお願いします。

陸前高田市の写真は、ここをご覧ください。写真の説明も随時入れていきます。

f0101679_0371216.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/20086166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2013-07-25 23:59 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(0)