あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

ちくほ図書館・ちいさい子のためのお話会 4/19

お名前を呼ぶわらべうた「ぼうずぼうず」
パネルシアター「手をたたきましょう」「まるい卵」
絵本「こねこがにゃあ」ひろのたかこ:作 (福音館書店)
わらべうた(お手玉)「こめこめ」「ちゅちゅっこっこ」
わらべうた(布遊び)「じーじーばー」「にぎりぱっちり」
絵本「おおきいちいさい」 元永 定正:作(福音館書店)
わらべうた(まわしっこ)「おらうちのどてかぼちゃ」
アンコールのパネルシアター「まるい卵」
おしまいのわらべうた「さよならあんころもち」


f0101679_17392132.jpg

 今日は7組のママ&小さいお友達、それに大きなお友達が3人。合わせて17名参加でした。広~い飯塚市の反対側からも来てくださってどうもありがとうございます。夜のうちの雨も上がってよかったです。

 さて、4月になりました。24年度はちくほ図書館ができて10年目の年度です。開館当初から始めたお話会も、じゃあ今年で10年目ってことになるんですね。最初のお話会に来てたお友達は、もしかしたら今年中学生になる人もいるかもね。おめでとうございます!です。

 そこで、Fさんと話し合って、定番だったお話会のプログラムを少し変えることにしました。みんなの大好きな布とお手玉を使ったわらべうた。毎回とっても楽しいんだけど、前半にこれを持ってくると、後半がどうしてもくたびれてしまうので、中盤に持ってくることにしました。今回はご挨拶の後、すぐにパネルシアターを2作品と絵本を1冊。みんな集中してくれました。その後、お待ちかねのわらべうた遊び。とってもとっても楽しかったようです。お片付けが、ちょっぴりさみしいお友達もいました。その後、また絵本を1冊とまわしっこのわらべうた、アンコールのパネルシアターという流れです。

 そうね、なかなかいい感じ。もう思い切って布&お手玉は最後のお楽しみでもいいのかなぁ。それにしても、みんな本当に大好きですね。自分達で取りに来て、終わったら戻してもくれます。「はいどうぞ」って、私達の手に乗せてくれるお友達もいて、嬉しい限りです。「さよなら あんころもち またきなこ!」バイバイ、また来てねぇ。
[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/17448312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coco-an at 2012-04-20 23:41
小さい人のためのおはなし会、やはりプログラムにいつも悩みます。
布&お手玉、わたしはどちらか一方を入れることにしています。両方することはほとんどないです。
はじまりに「おてぶしてぶし」とお名前を呼ぶわらべうた。
お別れはもちろん「さよならあんころもち」ですね。

あそびっこさんたちのおはなし会、パネルシアターやお人形が登場するものなど、バリエーション豊富でいつも感心しています。
Commented by wkikyoko at 2012-04-21 08:16
coco-anさん
はい、0.1.2歳さんって、本当にどんどん成長してるので、
抱っこの時期の赤ちゃんと、歩き始めの赤ちゃんと、
いろんなことがわかってきた恥ずかしがり屋さんの時期と、
ホントにもう全然違うわけで、プログラム悩みます。
それで支援センターができたころから、参加の赤ちゃんの年齢が
ぐっと下がってきて、乳児さんの参加が増えてきました。
それでついつい、目にきれいなものや、リズムのあるものを
中心にしたプログラムになってきています。
2歳すぎの人がいる時、もっとしっかり絵本読んであげたいなと、
思ったりもして、そんな時は終わっておまけの1冊を読むことも。
…と、そんな感じのプログラム展開です。
お人形なんかはきっと私自身が好きだからです。
パネルやエプロンや紙芝居も、劇遊びっぽいのが好きだから?
by wkikyoko | 2012-04-20 17:32 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(2)