あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

大分小読書ミニフェスタ:6年生

はじめの挨拶の詩:谷川俊太郎「ご挨拶」
①「いしになりたい」かがくのとも2005年11月号 またきけいこ:作 福音館書店
②「きみの家にも牛がいる」小森香折:作 中川洋典:絵 エルくらぶ
③「落語絵本4じゅげむ」川端誠:作・絵 クレヨンハウス
④「はるにれ」姉崎一馬:写真 福音館書店
⑤「ぼんさいじいさま」木葉井悦子 ビリケン出版
お終いの挨拶の詩:八木重吉「心よ」他


 私達が担当した6年生は、先月の飯塚東小学校と同じプログラムです。(ただ、八木重吉の詩は、私は前回と違う詩を読みました。)大分小学校の6年生もとても熱心に聞いてくれました。この日は校長先生もずっとお部屋にいて一緒にお話会を楽しんでくださいました。
f0101679_21361592.jpg


     「貫ぬく 光」 八木重吉

    はじめに ひかりがありました
    ひかりは 哀しかったのです

    ひかりは
    ありと あらゆるものを
    つらぬいて ながれました
    あらゆるものに 息を あたえました
    にんげんのこころも
    ひかりのなかに うまれました
    いつまでも いつまでも
    かなしかれと 祝福(いわわ)れながら

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/16807181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-05-14 00:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by wkikyoko at 2012-05-14 08:18
鍵コメさま
はじめましてかな?知ってる方かな?
写真の子達はこの春卒業した6年生です。
1年生の時からたっぷり読みきかせ愉しんでた学年です。
高学年になってもこうして聞いてくれて嬉しいです。
by wkikyoko | 2011-11-09 23:42 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(2)