あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

飯塚東小学校6年生

飯塚東小学校読書祭り 10月11日(火)2・3・4時間目

 はじめの挨拶の詩:谷川俊太郎「ご挨拶」
 ①「いしになりたい」かがくのとも2005年11月号 またきけいこ:作 福音館書店
 ②「きみの家にも牛がいる」小森香折:作 中川洋典:絵 エルくらぶ
 ③「落語絵本4じゅげむ」川端誠:作・絵 クレヨンハウス
 ④「はるにれ」姉崎一馬:写真 福音館書店
 ⑤「ぼんさいじいさま」木葉井悦子 ビリケン出版
 お終いの挨拶の詩:八木重吉「心よ」他




 「ご挨拶」谷川俊太郎
  おれ / 生まれたての赤んぼ / 名前はまだない
  母は杉の木だ / 父はアザラシ / でもおれ / 人間だ
     :
     (略)
     :
  以上 / 生まれたので
  世界中の人間さんに / ちょいと / ご挨拶


 「心よ」八木重吉
  こころよ / では いっておいで
  しかし / また もどっておいでね
  やっぱり / ここが いいのだに
  こころよ / では 行っておいで


 『鞠とぶりきの独楽』より無題 八木重吉
 いいゆうやけだ
 じいっと みていると
 かすかに
 くもはうごいている
 そらがうごいているようだ
 空いちめん
 うすくれないとみどりだ


 「鳩が飛ぶ」八木重吉
 あき空を はとが とぶ
 それで よい
  それで よいのだ

f0101679_20441811.gif

 今日は東小学校でのお話会でした。6年生を担当、学校からいただいていたテーマは【命】です。いつも一緒に活動してるF市さんとA子ちゃんと私で担当することにして、上記のようなプログラムを作りました。たくさんあった読みたい本を取捨選択、あれこれ並べ替え、やっぱり差し替え、最後にちょっと詩を足して…渾身のプログラムです。けっこう大人なプログラムだと思ってます。

 といっても、初めて出会う子ども達。どんなふうに受け止めてくれるかドキドキでした。6年生3クラス、それぞれのクラスごと畳敷きのお作法室に子ども達を迎えて、お話会を持ちました。普段入ることのないお部屋、初めての人達。子ども達も私達もいい緊張感で臨めました。クラスのカラーは違っていても、それぞれによく集中して聴いていました。「じゅげむ」では一緒に声をそろえてくれました。くすくす笑ったり、ふっと息をつめたり。最後のクラスの最後のご挨拶、子ども達は静かな声で「ありがとうございました。」と言いました。小さな声ではありません。静かな声です。ああ、心に残るものがあったのだなと思いました。

f0101679_2152968.gif

きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)

小森 香折 / 解放出版社

落語絵本 じゅげむ (落語絵本 (4))

川端 誠 / クレヨンハウス

はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)

福音館書店

ぼんさいじいさま

木葉井 悦子 / ビリケン出版



f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/16673880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by A子 at 2011-10-12 23:04 x
今回、初めて会う子達の前だから、照れずに上手く演じて『じゅげむ』が読めたような気がします。
私をよく知ってる大分小の子達だと・・・チョッと照れが入ってしまうかも・・・・!? 気持ちよく演じれるよう読み込んどきます♪
Commented by wkikyoko at 2011-10-13 07:40
A子ちゃん!
本当ね。特別感があったものね。
大分でも、いつもと違うぞオーラで臨みましょう!
by wkikyoko | 2011-10-11 20:46 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(2)