あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

消防自動車がやってきた!

つどいのお庭に消防自動車がやってきました。大きくて真っ赤で、そしてピカピカ!
子ども達がいたら喜んだろうなぁ。でも今日は、防災訓練の日。まずは大人がしっかりお勉強。
f0101679_7395681.jpg
災害を未然に防ぐ。それが防災です。
寒い季節を迎え、まずは火事のお話から。火災の原因のトップは放火だそうです。
放火の多い季節は春。4月から5月。精神的に不安定なものを抱える人が増えてくる季節だから。
まずは、家の周りにゴミなどの燃えやすいものを置かないこと。これからの季節は枯れ草や落ち葉など。
夏場、すだれに火をつけられたこともあったそうです。これにはびっくり、でも注意、注意!

災害を未然に防ぐ、これが一番。そして、万が一災害が起きた時には的確な対応を。
でも、これが難しい。誰でも初めてのことにはパニックを起こしてしまいます。
だから訓練が必要です。シュミレーションもしてみましょう。
どうすればいいか、普段から考えておきましょう。
咄嗟の時には119さえ出てこないものです。

新築の家には火災報知機の設置が義務付けけられています。
既存の住宅にも設置するようになっていますが、お宅はどうですか?
今、ずいぶん安くなって1台3~4000円で購入できるものもあります。
10年間は使えます。寝室や階段の上に取り付けることを勧めています。
1ヶ所で煙を感知すると他の部屋にまで知らせる機能の付いたタイプもあります。
耳の不自由な人には、強い光で知らせるタイプもあるそうです。

火が出てすぐは、消火の努力を。消火器は手の届きやすいところにありますか?
でも、天井にまで炎が昇った場合は消火器では無理。すぐに119。
そして、大きな声で周りに火が出たことを知らせましょう。

また、台所での出火を自分で消すことができたとしても、
換気扇の奥で火種がくすぶっていて、数時間後に再び発火する場合もあります。
鎮火したと思っても119に連絡を入れてください。消防士が検査に来ます。
f0101679_819926.jpg
f0101679_8192366.jpgということで、消火器クイ~ズッ!消火器の性能をよく理解して使いましょう。
  Q1:消火器から出てくるのは何?液体?泡?粉?
  Q2:消火剤が出続ける時間は、何秒?何分?
  Q3:消火剤が届く距離は何メートル?


使い方の覚え方は「ピノキオ」です。
  ピ:ピンを抜いて!
  ノ:ノズルを火に向けて!
  キ:距離を保って!または気合を入れて!
  オ:押す!(レバーを力いっぱい握る。体重をかけて押す。)


 その後、外に出て、実際に消火器を使って練習をしました。練習用には水を入れてありますが、本物の消火器に入っているのは粉。一度レバーを押すと空になるまで出続けます。その時間は約15秒。噴射の距離は3~5メートルです。「火事だぁ~!火事だぁ~!」と周りに知らせながら消火です。
f0101679_8381334.jpg

f0101679_8382999.jpg
寒い中、皆さん熱心な受講をありがとうございました。
飯塚消防署の消防士さんほんとうにありがとうございます。
ピカピカの消防車は、颯爽と帰っていきました。
f0101679_8411878.jpg
そうそう、昔から「地震・雷・火事・親父」と言います。一番怖いのは地震。
地震災害における訓練やシュミレーションをしておけば他の災害でも役に立ちます。
最近は豪雨災害も多発しています。いざという時どう行動すればよいか考えておきましょう。

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/15055521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by からすちゃん at 2010-11-27 09:24 x
日頃の訓練、心がけは大切ですよね。
私も、近所の火事の初期消火の経験がありますが、地元の消防団所属の夫に、「近所の人起こせ!」と言われるまで、呆然としてました。
火事って、本当に恐いです。防災、大切ですね。
Commented by wkikyoko at 2010-11-27 15:57
からすちゃん
ほんとうに、いざとなったらちゃんと動けるでしょうか?
非難袋も必要なんだろうなと思いながら‥、思ってはいるのですが‥状態です。
by wkikyoko | 2010-11-26 23:59 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(2)