あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

Please Touch Me

 毎月1日に行なっている「ふぁみさぽルーム」。今月の企画は日本タッチケア研究会の吉柳三枝子さんをお招きしてのタッチケア体験でした。午前中を子ども連れの方を対象に、午後を大人だけに、と分けて行ないました。

 赤ちゃんを抱きしめる、なでる、頬ずりをする。背中を優しくトントントンとたたく。ほっぺたや手のひらを軽くつつく。赤ちゃんと目が合うと微笑む、言葉にならない声であやす。目の前の赤ちゃんが可愛くて思わずそんなことをする。そんなふうにすることでいっそう赤ちゃんが可愛くかけがえのない存在と感じられるようになる。それがタッチケアかなと思っています。

 タッチケア=ベビーマッサージと思われがちですが、技術的なことだけでなく、気持ちのふれあいを大事にして行ないます。母(父やその他の保護者など)と子の絆を深くするということに重きを置かれているように感じました。また、タッチケアは、赤ちゃんにだけ行なうのではなく、どんなに大きくなっても、また大人同士でもできるし必要だとも思いました。

 仲良くなるためのゲームをしたり、童謡を歌ったり、わらべうたで遊んだり、絵本を読んでもらったりしました。それが全部タッチケアに繋がっていました。みんなで肩をたたいたり、背中をさすりあったり、オイルマッサージをしあって、本当に気持ちのいい時間を過ごしました。大人向けの時間に読んでもらった「わたしにふれてください」は、どんな年齢の人にとっても、どんな立場の人にとっても、触れ合うことの大切さを教えてくれるものでした。 

f0101679_812297.jpg
f0101679_8123865.jpg
f0101679_812465.jpg
上2枚:2歳になる女の子達、体中で絵本を楽しんでました。家でも絵本がお友達なのでしょう。
中:これがタッチケアの精神を表現した1冊ですという絵本を読んでもらいました。
下2枚:左が午前の部で、右が午後の部で読んでもらった絵本です。

※ゲームやわらべうたやマッサージの時は、私自身も仲間に入ってしまって写真なしです。

わたしにふれてください

フィリス・K. デイヴィス / 大和出版


f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/14915953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hatehate2004 at 2010-11-04 08:58
カルチャースクールで人気のベビーマッサージと違って、興味を持ちました。ここあんでやっていることも、わらべうた遊びを通じたタッチケアなのでしょう。機会があれば講習を受けてみたいです。
本の紹介もありがとう。
Commented at 2010-11-04 23:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by wkikyoko at 2010-11-05 06:52
hatehate2004さん
ベビーマッサージもふれあいを大切にとのことで、タッチケアとベビーマッサージと、何がどれくらい違うのかよく分かりませんが、なんでもマニュアル化してしまうのでなく、心への働きかけを大事にしていけばいいのかなぁなどと思っています。
Commented by wkikyoko at 2010-11-05 06:54
鍵コメさま
私達も見習わなければ!
何時までも‥仲良きことは美しき哉‥ですね ♥
by wkikyoko | 2010-11-01 23:58 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(4)