あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

こどもの読書週間スペシャルお話会

 4月23日からの「こどもの読書週間」にちなみ、今日は大分小学校でのスペシャルデーです。朝読の時間は、いつもの読み聞かせより長い25分をいただいて高学年への読み聞かせをしました。低学年はお勉強の時間を1コマ頂いてのスペシャルお話会です。この企画は、前年度に始めたもの。今年も引き続きの企画で、私たちにとってもうれしい取り組みです。高学年の様子は‥ ここで!


3時限目:1年生
f0101679_20112575.gif
ストーリーテリング「だれもほしがらない家」 リリアン・ムーア
パネルシアター「わたしのおうちにあそびにきてね」 オリジナル作品
絵本「ね、ぼくのともだちになって!」 エリック・カール
ことばあそび「たんたんたんぽぽ」 藤田浩子
ことばあそび「あるけあるけ」 つるみまさお
紙芝居「ロボット・カミイ~ちびぞうのまき」 古田足日
f0101679_2084478.jpg


4時限目:2・3年生
f0101679_2011382.gif
ストーリーテリング「だれもほしがらない家」 リリアン・ムーア
パネルシアター「わたしのおうちにあそびにきてね」 オリジナル作品
絵本「おなべおなべにえたかな」 こいでやすこ
ことばあそび「くちびるたいそう」 まどみちお
ことばあそび「あるけあるけ」 つるみまさお
絵本「だるまさんの」 かがくいひろし
f0101679_2085669.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/13491568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by melmo-44 at 2010-04-23 23:19
新学年のスタートにどうしても『ストライプ』が読みたくて
5~6年生を希望しました。でも読み手の人数が足りず、
高学年は抜きでした。ホントに残念!
高学年でも、『だるまさんの』OKなんですね?びっくり~!
私って頭が硬いな。もっとタコのような柔軟性が欲しいです。
Commented by wkikyoko at 2010-04-24 08:24
melmo-44さん
私達が入ってる小学校は、今年5年生を除き1学年1クラス。
全校生徒198名だそうです。そこで7名のボランティア。
全員が参加すれば、毎回全クラスでとなりますが、
それぞれのペースで参加しましょうとしています。
ボランティアが入らないクラスでは、担任の先生が読みます。
校長先生も読み聞かせが好きで、空いてるクラスを教えてと言って、
読み聞かせに入ってくださるのです。楽しいでしょ。
で、高学年でも、『だるまさんの』OKなんですよ。
Commented by melmo-44 at 2010-04-25 08:15
担任の先生や校長先生まで?校長先生の読み聞かせだなんて素敵!
うちはボランティアが入れないクラスは読み聞かせなし、です。
各学年3クラスで全校生徒は今年はぴったり600名。ボランティア
登録者は20名ほどいますが、無理なない範囲での参加ということで、
なかなか10名集まらないんですよ。でも、民話の語り部の会の方が
1学年3クラスを担当してくれるので、毎回3~4学年入れるかんじです。
Commented by wkikyoko at 2010-04-26 07:26
melmo-44さん
わぁ~、コタ君の学校は大きいのですね。クラス数からみると、ボランティアの数も立派だと思います。無理ない範囲でというのが、続けるポイントなので、本当に無理しないでね。

学校との話し合いというか交渉はもう少しできるかも。これは私達の反省なのですが、学校に定期的に入るようになった当初、5・6年生の読み聞かせに入る回数を少なくと言われてて、毎年の引継ぎだと思って、ずっとそうやっていたのですが、昨年度末の学校との話し合いで、高学年にも他学年と同じように入ることができるようになりました。押し付けではなくて、こうしたいのだけどどうですか?って提案していくのも手かもしれません。コタ母さんとこの場合、ボランティアが入れないクラスで先生方の読み聞かせを提案してみる?
by wkikyoko | 2010-04-21 23:59 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(4)