あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

通りゃんせ、通りゃんせ‥

 昨日にも増していいお天気。雲ひとつない快晴です。昨日も一日いいお天気だったし、いくらなんでももう通れるでしょう米山峠。やっぱり太宰府に行きたくって、今日はNちゃんも一緒にリベンジです!10時半出発だもの、大丈夫よねぇ。

 大丈夫じゃありませんでした。恐るべし雪の力。デモね、今日はめげない!米山峠がだめなら、ぐるりと回って冷水トンネルを抜けて行きますよ!心配してたほどの交通量ではなく、駐車場にもすぐに入れました。でも人出はやっぱり多いです。参道もにぎやか。本殿前の参拝者の列は半端ではありませんでした。修学旅行生や韓国からのツアーもたくさんでした。お参りをして、お守りを買って、お石茶屋でお昼を食べて、しっかり太宰府天満宮を満喫しました。太宰府の梅もまだまだ。飛梅も蕾でした。また今度来ましょ。

 参道のお店をあれこれ冷やかして、昨日TVで紹介されてたコーンポタージュ味のソフトクリームを食べて、帰りにもう一度だけ米山峠にトライしましたが、やっぱり通行止めのままでした。
f0101679_23321652.jpg
f0101679_23323117.jpg
f0101679_23324220.jpg
f0101679_23325610.jpg
f0101679_2333440.jpg


飛梅
作詩・作曲 : さだまさし


心字池にかかる三つの赤い橋は一つ目が過去で二つ目が現在
三つ目の橋で君が転びそうになった時初めて君の手に触れた僕の指
手を合わせた後で君は神籤を引いて大吉が出る迄とも一度引き直したね
登り詰めたらあとは下るしかないと下るしかないと気づかなかった天神様の細道

裏庭を抜けてお石の茶屋へ寄って君がひとつ僕が半分梅ヶ枝餅を喰べた
来年も二人で来れるといいのにねと僕の声に君は答えられなかった
時間という樹の想い出という落葉を拾い集めるのに夢中だったね君
あなたがもしも遠くへ行ってしまったら私も一夜で飛んでゆくと云った忘れたのかい飛梅

或の日と同じ様に今鳩が舞う東風吹けば東風吹かば君は
何処かで想いおこしてくれるだろうか太宰府は春いずれにしても春


 太宰府に遊びに行く度に、心字池の橋を渡ったり、飛梅を見たり、おみくじを引いたり、本殿の裏庭をお散歩する度に、この歌をなんとなく心の中で歌ってます。なので今日はお石茶屋でお昼にしてみました。
[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/12680625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2010-01-17 23:47 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)