あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

「筑豊文化体験子ども教室」④

今日は「筑豊文化体験子ども教室」④
―教室パート2-「わらべうたあそび」の2回目です!

  毎年、大好評の“わらべうたあそび”。筑豊地方にはどんなわらべうたがあるのでしょう。聴いていると穏やかな優しい気持ちになれますね。そのわらべうたの根源は民謡だと言われています。一人で遊ぶ・二人で遊ぶ・三人・四人・たくさん…。人数が増えるにしたがって、遊びもどんどん広がっていく…。やっていると、時間が経つのも忘れちゃう。そんな不思議なふしぎな“わらべうたあそび”。先生は大屋省子さんです。私はお休みでした。写真は参加者のFさん撮影。教室の様子は講師の大屋さんがお知らせくださいました。

f0101679_619659.jpg今日のわらべうた

1.からす からす

  かーらすかーらす どこさいぐ
     てんねんじーのー ゆーさいぐ

  てーにーもったの なにかいな
     あーわのこーめー あわのこめ

  おれにもちっとは くれないか
     くーれーれーばー へるわいな

  へったらまーたー つくればいい
     つーくーれーばー つめたいよ

  つーめだけーりゃー あだればいい
     あーだーれーばー あっちちち

  あーついなーらー そこひけよ
     そーこーひーきゃー いーたいよ

  いたけりゃ いたちの くそつけろ!



 じゃんけんで2組に分かれ一列に並んで向かい合い、やり取りをする遊びです。勝った方から歌い始めます。歌うときは振りをつけて、前進しながら相手方に言葉をかけていきます。それを受けたもう一方が歌と振りで応えます。そうやって双方のやり取りが進みます。

 勝ち組が最後に「いたけりゃ いたちの くそつけろ!」と言いながら、「いたちのくそ」を拾って丸めて負け組に投げつけます。

 空想の「いたちのくそ」なのに、みんな必死で投げて、投げられる方は真剣に嫌がって逃げていくのが面白い!


2.なわとび

  だーれかさん そら おーはいり
      入ったお方は 出てちょうだい
  だーれかさん そら あーはいり
      入ったお方は 右回り 右回り 片足上げて 片足上げて
  だーれかさん そら あーはいり
      入ったお方は 両手をついて 両手をついて
  だーれかさん そら あーはいり
     入ったお方は 右回り 右回り 片足上げて 片足上げて 両手をついて 両手をついて


大縄跳びです。歌の指示にあわせて飛んでいきます。それぞれを3回ずつ繰り返して跳びました。
f0101679_632575.jpg


3.お手玉

 いちれつらんぱん はれつして 日露戦争始まった 
 さっさと逃げるは ロシアの兵 死んでも尽くすは 日本の兵


 まずは座って、お手玉2個で歌にあわせて投げ玉遊びです。

 それから、円になってお手玉1個を自分の左手に乗せ、歌にあわてそれを右手で取り、右隣の人の左手に乗せて次々に送って行きます。これが右回しです。右回しが上手にできるようになったら、左回しに挑戦。右手にお手玉を乗せ、左手で左隣の人の右手に送っていきます。

 それからそれから、立ってお手玉2個で歌にあわせての投げ玉遊びをしました。
f0101679_6453155.jpg

4.最後に、遅れて来た子どもがいたので、1.からすからすをもう一度遊んで丁度時間となりました。
[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/12312297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hatehate2004 at 2009-11-15 07:41
楽しそう〜。赤ちゃんではなく、少し大きな子どもたちとこうして遊んでみたい。こうした遊びを教えて下さる方を知らないんですよね。どこかにいらっしゃるのでしょうが・・・。
あそびっこさんは、どこかへ研修に出掛けることありますか?
Commented by wkikyoko at 2009-11-15 21:10
講師の大屋さんにはもう15年近くお世話になっています。
飯塚こども劇場(当時)に乳幼児の活動「どろんこクラブ」ができた当初から子ども達にそして子育て中のお母さん達にわらべうたをたくさん教えてくださってます。その子達が少しずつ大きくなるに従って、子ども達にあわせるように遊びが広がっていきました。ドラマスクールの歌唱指導でもわらべうたをたくさん取り入れてくださっています。
プロのオペラ歌手であり、コダーイ協会の会員でもある大屋さんが、こうして私達のそばにいてくださるのは本当にありがたい事だなぁと思っています。
by wkikyoko | 2009-10-17 23:59 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(2)