あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

ちくほ図書館ちっちゃなお話会 8/21

わらべうた(ごあいさつ)「ぼうずぼうずひざぼうず」
わらべうた(布遊び)「かくかくかくれんぼ」「じーじーばー」「にぎりぱっちり」
絵本「おひさまきらきら」 中川まちこ:作 織茂恭子:絵 (福音館書店)
絵本「とまとさんにきをつけて」 五味太郎:作 (偕成社)
手袋人形劇「からすの親子」
絵本「かあさん」 たしろちさと:作 (福音館書店)
わらべうた(毬を持って)「おらうちのどてかぼちゃ」
おしまいのわらべうた「さよならあんころもち」


 夏休みのお話会です。何と15人の子ども達と11人のママが来てくれました。夏休みとあって、幼稚園や小学校のお姉ちゃんの参加もありました。赤ちゃん向きのプログラムでしたが、大きな子も一緒に楽しく過ごしてくれたので、私達にとってもうれしいお話会となりました。


どてかぼちゃのわらべうたです。
おおよその感じ分かっていただけますか?
f0101679_223171.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/11776377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hatehate2004 at 2009-08-21 21:00
お話会のプログラム、いつも大変参考になります。「おらうちのどてかぼちゃ」、これははじめて。どんなわらべうたかしら?
Commented by wkikyoko at 2009-08-21 21:49
最初に教えてもらったときは、小学生の集団遊びでした。二人の子が向かい合って立って手をつなぎます。家でしょうか?それとも籠かな?その中に一人の子が入り、それがどてかぼちゃ。歌に合わせて外側の子どもが手を揺らし、中のどてかぼちゃを揺らします。「食われない!」で、かぼちゃを放り出します。で、いくつか組がある場合は、違うとこに入って繰り返し。役も時々交代します。

私達が赤ちゃんと遊ぶときは、リズムをとって遊びます。先月は本物のかぼちゃを持ってきて、それをたたいて歌いました。「食われない」の次に「でも、はいどうぞ!」と言ってお隣にかぼちゃを渡します。ぐるっと輪になってかぼちゃが一回りするまで続けました。かぼちゃがない人も歌いながら自分のお膝をたたきます。

こんな感じ。
Commented by hatehate2004 at 2009-08-23 17:28
ありがとうございます。どてかぼちゃが、ごろんごろんしているこの時期にぴったりのわらべうたですね。
by wkikyoko | 2009-08-21 18:00 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(3)